デイサービスの検索・求人・コミュニティの総合情報サイト

トップ  >  認知症対応型通所介護とは
認知症対応型通所介護とは

【認知症対応型通所介護とは】
認知症対応型通所介護は医師により認知症と診断を受けた方が、自宅から通い、食事や入浴、レクリエーション、機能訓練などを行う施設のことです。
認知症対応型通所介護に通う主な目的として、社会的孤立感の解消、食事の確保、機能訓練、入浴、家族の精神的または身体機能的な介護負担の軽減があげられます。
地域密着型サービスの1つですので、基本的には事業所のある市区町村の方のみご利用(65歳未満の若年性認知症者を除く)いただけます。地域に開かれた事業として行われるよう、地域住民やボランティア団体の協力してもらうなど、地域交流にも力を入れています。

【認知症対応型通所介護の施設タイプ】
 単独型、併設型、共有型と3タイプに分類されます。単独型は民家などを専用の施設として利用するタイプ、併設型は特別養護老人ホームや医療機関、介護老人保健施設などに併設されているタイプ、共有型はグループホームなどの共用部分(食堂や居間)を利用するタイプがあります。

【認知症対応型通所介護を利用するには】
認知症対応型通所介護を利用するには、要介護認定または要支援認定を受け、ケアマネージャーに利用までの手続きを代行してもらう必要があります。ご利用までの流れは、デイサービス・デイケアと変わりありません。詳しくはデイサービス・デイケアご利用までの流れをご参照ください。

【認知症対応型通所介護の利用料金】
認知症対応型通所介護の基本料金は、利用時間や要介護度、施設タイプで決まります。詳しくは認知症対応型通所介護の利用料金をご参照ください。
前
デイケアとは
カテゴリートップ
通所系サービスの種類と特徴
次
療養通所介護とは