デイサービスの検索・求人・コミュニティの総合情報サイト

トップ  >  サイト内用語  >  サービス提供体制強化加算(Ⅰ)

サービス提供体制強化加算(Ⅰ)

【サービス提供体制強化加算(Ⅰ)とは】


サービス提供体制強化加算(Ⅰ)とは、介護職員の総勤務時間のうち、介護福祉士の資格を有する職員が40%以上占めている場合に加算されるサービスです。

介護福祉士は、社会福祉(主に介護)業務に携わる国家資格で、専門的な介護の知識と技術を有しています。そのため、サービス提供体制強化加算(Ⅰ)を算定している事業所は、それだけ介護に精通した職員が多く配置された事業所となります。介護福祉士についての詳細は、介護福祉士についてをご参照ください。

【加算料金】


入所から3ヵ月に限り、月2回を限度として算定されます。
・要介護 :12円/回
・要支援1:48円/月    
・要支援2:98円/月

※上記料金は介護保険適用時の自己負担額です。また、地域差を勘定していないため、市区町村により多少料金が異なります。
  

前
認知症関係の利用加算
カテゴリートップ
サイト内用語
次
サービス提供体制強化加算(Ⅱ・Ⅲ)